BLOG

クレジットカード業界やPCI DSSに関する最新動向をお届けします

2018.02.27

カード情報非保持化サービス「Pay TG」セミナー レポート|JCDSC主催セミナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

非保持申告の確認セミナー 開催報告


経済産業省が主導する「クレジット取引セキュリティ対策協議会」が 2017年 3月 8日に発表した「実行計画 2017」及び改正割賦販売法により、クレジットカードの安全性確立への取組みが、加速しています。

電話 / はがき /FAX で顧客からの注文を受け付ける通販事業者においてはPCI DSS への準拠、または自社ネットワークにカード情報を保存・通過・処理しない業務内容への変更(カード情報を決済代行事業者が提供するウェブ画面への代理入力業務を別の方法に変更)を行う必要があります。

EC通販は、リンク型やJavascript型サービスの採用などでカード情報非保持化に取り組みやすいのに対して、、電話 / はがき /FAX加盟店にとっては、非保持を実現できるソリューションの選択肢が限られています。

当日はクレジット取引セキュリティ対策協議会において、電話 / はがき /FAX加盟店向けの外回り方式の非保持化ソリューションとして認定を受けた「Pay TG」についてご紹介致しました。

多くのお客様にご来場いただきましたこと、心より御礼申し上げます。


■ 実施概要
セミナー名:非保持申告の確認セミナー
主催:日本カード情報セキュリティ協議会( JCDSC )
日時:2018年2月21日(水) 9時30分-16時40分
会場: 日本橋公会堂
参加対象:通販加盟店、クレジットカード情報に関係する事業者など
該当URL: http://jcdsc.org/news/180221.php

■ 当社講演概要
タイトル:MOTO加盟店向けの非保持化サービス 『PayTG』のご紹介

電話/はがき/FAXオーダーの加盟店が、既設の受発注システムを使用して、
カード決済をした場合でもPCI DSS準拠が不要、すなわち「非保持化」が実現するサービス及び
PCI DSS準拠促進サービスをご紹介いたします。

講師:株式会社リンク セキュリティプラットフォーム事業部 事業部長 滝村 享嗣

■ ご紹介したサービス
電話/はがき/FAXオーダーの加盟店向けカード情報非保持化サービス「Pay TG」

■ 資料請求について
当社のセミナー講演資料をご希望の方は、お問い合わせ内容に「JCDSC主催非保持申告の確認セミナー」のセミナー資料を希望とご記入ください。該当資料を送付させて頂きます。


btn_top_info_on




カード情報非保持化サービス「Pay TG」 講演内容抜粋










■ 資料請求について
当社のセミナー講演資料をご希望の方は、お問い合わせ内容に「JCDSC主催非保持申告の確認セミナー」のセミナー資料を希望とご記入ください。該当資料を送付させて頂きます。


btn_top_info_on



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

PCI DSS 関連の最新記事をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加